SECONDSTAGE

Samuel Sunglass – Tortoiseshell

2018.01.07 NEEDLES

a765118ss

Needles

Papillon Glasses – Samuel Sunglass

Tortoiseshell

¥24,000(+tax)

Made in Japan

IMG_7598

IMG_7615

IMG_7643

IMG_7625

IMG_7635

IMG_7642

ごあいさつが遅くなりましたが、

2018年もどうぞSECONDSTAGE(と僕)をよろしくお願いいたします!

年末年始は岩とクライミングジムで登り倒しておりました。

ジムには年末から”ムーンボード”なるものが設置されたおかげで少々ムーンボード中毒になっておりまして、、

“ムーンボード”は世界で統一した規格の壁を作ることで、世界基準のグレードを楽しめる壁でございます。

開発者がクライマーのベン・ムーン。

ホールドも細かいものが多くて傾斜も135度と強傾斜でハードでナイスなトレーニングができ、

クライミングジムというよりも、岩場の実践向きという感じでとにかくおもしろくてドハマり状態です。

そして、もうひとつ、相変わらずというか憑りつかれたように本を読み漁っております(笑)

二日に一冊くらいのハイペースを維持している自分に引き気味です。

まさか人生で真剣にムー大陸とかアトランティス大陸までさかのぼって勉強するとは

思ってもみなかったのですが、、歴史は古代から現代までしっかりと繋がっているんです。おもしろい&深い。。。

『未来をこれからどうやって生きていくべきか』

その答えは古代からの歴史や知識、その結晶みたいな叡智と自然の中にヒントや答えがあると確信しております。

歴史って、その教科書のじゃない方の、自分で調べる方の本当のところの歴史ということです(笑)

どうでもいいわ的なことだと思いながらですが、

皆さんご存知、日本国家、”君が代”って

“(イザナ)ギ(イザナ)ミが世”では、、

と。

そう考えると国歌としても題名の意味もしっくりとくるかなと。不思議でございます。

ということで、

今日はNeedles/ニードルズから入荷しましたPapillon Glassesの

“Samuel/サミュエル”のサングラスのご紹介です!

“時代は回る”とはよく言いますが、時間というのが直線ではないと考えると、確かに納得です。

新しいものも振り切ると古いものに、また逆もしかり、

ある意味『陰と陽』の関係のような極性がファッションの中にもあるのでは、

右に左に、新古に振れながらバランスをとっているようにも感じたりします。

と思いながらニードルズの”Samuel/サミュエル”のサングラスを眺めておりまして、

かっこいいなぁ、と。

服でも身につけるものでも、選ぶものはイコール皆それぞれ”生き様”。その表現なはず。

他人がどうとかこうとかは関係なく、自分はニードルズでサミュエルなんです。

みたいなイメージです(笑)

そういう斜めでエッジの効いた個性やこだわりってやっぱりかっこいいです。

だから、何を選ぶかは意外と重要で人生観や生き方にも影響したり、

また逆でそれが選ぶ指針になっていたりするはずです。

普通のサングラスじゃ、ちょっと、という方も満足いただけるはず。

フレームはべっ甲でレンズはグリーンの絶妙な組み合わせ。

跳ね上げタイプのクラシックな仕様にパピヨンの鋲がアクセントに。

生産は世界的な眼鏡の生産地である福井県鯖江市で、熟練の職人によって一つ一つ丁寧に作られています。

ヴィンテージをモチーフにNeedlesならではの渋いアレンジを加えて作られる逸品でございます。

Needles

Papillon Glasses – Samule Sunglass / Tortoiseshell