SECONDSTAGE

2年半?3年?くらいかかりました

2018.08.03 OTHER

IMG_2522

僕はクライミングパンツを普段穿いています。

もちろん室内ジムでも岩場でも、普段着でもどこでもクライミングパンツです。

リラックスフィットで機能性もあり万能的です。

でも色々不満を抱えながら穿いていたのも事実です。

もう少しこうでこうでこうで、、、って。

もともとパンツで普段万能的に穿けるもので満足できるものがあまり無かったのもあって

この際、こんなパンツがあったら一生穿いていられるのになぁーっていうような、

自分で満足するパンツを作ってみようってなってサンプル作りを始めたのが3年くらい前で。

シンプルで奇をてらうことなく自然体で、でもこだわりが詰まっていて、

機能的で、自然環境への配慮も自分が可能な限り考慮して、

今だけが良かったらいいのではなくて、しっかりと未来に繋がるような物作りというのを念頭に。

その2人三脚で進めておりますハンドメイドのクライミングパンツも

ようやく形が出来上がりました。

外注すれば簡単なのですが、持続可能なスタイルを作りたいので自作ハンドメイドです(笑)

まだ形だけなので50%です。

1本のパンツを仕上げるのに作ったサンプルはきっと15~20本くらいはいったかなと、、

すごくマイペースに2年半か3年くらいかかりました(笑)

完璧主義なのか、、徹底的にこだわりを追求したりしてしまい、、

もうミリ単位での修正を永遠と重ねるような日々でした。。

順調とは口が裂けても言えないくらい、頭フル回転で問題解決に明け暮れる日もありました。

僕は少なからずこの仕事上、今までいろんなブランドのパンツを扱っては実際に穿いてきて

デザイン性にも優れたウェアを沢山手にとって見て着用してきた中で

穿いた時のシルエット、フィット感、レングス、穿き心地、動きやすさなどのバランスを経験から自分なりにですが習得できておりましたので

あとはその自分の中で一番心地いいバランスのとれたパンツを一から形にできるか、という試みでした。

2、3回どっぷりと迷宮入りしてしまって諦めそうになったりしましたけども、、

“魂込めて作る”ってこのことなのかと、自分のことですが思ってしまいます。

これ以上のものは今は作れないというところまで行ったはずですので。

僕の中では今の時点でこれ以上のシルエットとバランス感は無いというところを追求しました。

でもまだ50%です(染めもまだです)。

ロゴも完成したので次はタグも作らないと、

作る僕たちと、使ってくださる方々と、あと大切な地球自然環境とその未来への配慮、

その三方よしを基本としていきたいと思いますので

素材、糸、染め、その他パーツやディテイルもすべてにこだわってこれから完成に向かいたいと思っています。

魂ぶつけます(笑)

クラッシュパッドも欲しいものが無いので自作しようと思っています。

畑用の作業着とかレインウェアとかも欲しいです。

作りたい物リストの行列パナイです。。

また次のステージの準備が整いましたらブログとホームページでお伝えさせていただきたいと思っています。

まだ10月まで準備が続きますが、セールの方もお楽しみいただけますと嬉しいです。